無料相談24時間受付中

03-5817-4833 Webフォームからお問い合わせ
誹謗中傷記事・個人の逮捕・企業の風評被害など「風評被害・誹謗中傷」問題を弁護士」が解決!!
03-5817-483324時間受付 Webフォームからのお問い合わせはこちら24時間受付

ネットの誹謗中傷は弁護士に相談を!警察や業者との違いや依頼費用の相場は?

2019年8月4日 公開 更新

監修:第二東京弁護士会所属(第54484号)
中崎 徹人

インターネット上で誹謗中傷を受ける場合があります。
そのまま放置してしまうと、それが真実の情報として拡散され、信頼低下やイメージダウンに繋がるでしょう。
誹謗中傷を受けたら、どこにどのようなタイミングで相談すればいいのでしょうか。
この記事では、誹謗中傷を受けた時の相談機関を説明し、特に弁護士に相談するメリットや対応についてご紹介します。
また、警察や業者との違いについてもご紹介しますので、参考にしてみてください。

誹謗中傷を受けた!どのタイミングで相談すべき?

インターネット掲示板やブログコメントの書き込みで、誹謗中傷を受けることがあります。
誹謗中傷を受けたら、すぐに対処することが大切です。
最初に書き込まれた掲示板の運営もしくは本人に連絡をして、削除依頼を出します。
しかし、削除請求を出したにも関わらず消してもらえない時は、相談機関に頼るべきです。
また、不特定多数が書き込む掲示板では、相手への連絡手段が限られています。
誹謗中傷の書き込みを見つけても、どのように削除請求していいか分からない時も相談するといいでしょう。
法人の場合、誹謗中傷の内容によっては企業のイメージダウンになり、売上にも関わります。
よって、早めに相談して対処するべきなのです。

誹謗中傷を受けた場合の相談先4カ所!

誹謗中傷を受けた場合、どのような機関に相談をすればいいのでしょうか。
具体的には、弁護士や警察・法務局・誹謗中傷対策業者の4ヵ所が相談機関になっています。
これから、それらの特徴や相談方法についてご紹介します。

弁護士

誹謗中傷を受けた場合、弁護士に相談できます。
弁護士は法律のトラブルを専門にしているため、さまざまな方法で解決してくれるでしょう。
相手側を特定して、削除請求を直接行います。
また、削除請求に応じてくれない場合は、訴訟を起こすことも可能です。
特に、法律トラブルが発生する時は、弁護士に相談するといいでしょう。

警察

警察も誹謗中傷を受けた時の相談機関です。
誹謗中傷によって被害を受けた場合は、警察に届け出るといいでしょう。
内容によっては、「名誉毀損罪」が成立します。
例えば、「○社は脱税していた」「○○さんは不倫をしている」など、プライバシーに関わることや社会的評価を下げる内容で誹謗中傷された場合は、名誉毀損罪になる可能性があるのです。

法務局

法務局は、嫌がらせやいじめを受けた時に人権相談ができる機関です。
よって、誹謗中傷に関する相談もできるでしょう。
削除請求をしたい時は、請求方法などのアドバイスを受けることが可能です。
また、自分で対処できない時は、法務局が代行して記事削除請求をしてくれます。
自宅や職場に近い法務局の支局へ行き、相談するといいでしょう。

誹謗中傷対策業者

誹謗中傷対策業者にも相談できます。
インターネットの誹謗中傷などに特化していて、誹謗中傷による影響を少なくしてくれる業者です。
例えば、指定の書き込みを削除してくれます。
また、逆SEO対策をして検索順位を低下させることも可能です。
しかし、誹謗中傷した人を特定できるとは限りません。
検索順位を下げる場合は、該当の記事や書き込みが消せるわけではないので、そのまま残ってしまいます。

誹謗中傷の相談をするなら弁護士・警察どちらにすべき?

誹謗中傷の相談をする場合、弁護士や警察のどちらにすべきなのでしょうか。
一般的には、弁護士の方が解決しやすいでしょう。
これから、弁護士に誹謗中傷の相談をするメリット、弁護士以外に相談する時のデメリットについてご紹介します。

ネットの誹謗中傷で弁護士に相談するメリット

インターネットでの誹謗中傷を弁護士に相談すると、犯人を特定できる、削除要請しやすい、慰謝料請求ができるなどのメリットがあります。
また、削除をしてくれない時は訴訟にすることも可能です。
それらのメリットについて、詳しくご説明します。

犯人を特定できる可能性が高い

誹謗中傷の相談を弁護士にすると、書き込みをした犯人が特定できる可能性が高いです。
一般的に、ブログやSNSのアカウントは本名以外でも登録できるため、知り合いでない限り特定は難しいでしょう。
特に不特定多数が書き込む掲示板は、個人的に特定することは困難です。
インターネット上で個人情報を開示する時は、サイトの運営者にプロバイダの開示を依頼し、さらに判明したプロバイダから発信者情報を開示してもらいます。
つまり、2段階の開示請求によって犯人を特定しますが、この手続きを個人で行うのは難しいです。
弁護士の場合、このような手続きの経験や実績があり、開示請求ができる資格もあるため、犯人を特定しやすくなります。

書き込みの削除要請ができる

弁護士に相談をすると、書き込みの削除要請できることもメリットです。
誹謗中傷を受けた本人から削除をお願いしても、その通りに削除してくれるとは限りません。
さらに誹謗中傷がエスカレートすることもあり、被害が大きくなってしまいます。
一方で、弁護士から削除要請を受けた場合は、応じる可能性が高いでしょう。
弁護士が代理人になったと分かると、本気度が伝わり削除する場合があります。
「ただちに削除しないと、慰謝料請求や訴訟を起こす」などの文面を同封することも可能です。

慰謝料請求ができる

慰謝料請求ができることも弁護士に依頼するメリットです。
誹謗中傷の内容が侮辱罪や名誉毀損罪・プライバシーの侵害に当たる場合は、慰謝料を請求できます。
侮辱罪とは事実を示さずに公然の場で侮辱した時、名誉毀損罪とは公然の場で相手の社会的評価を下げた時になる可能性が高いです。
名誉毀損罪は、真実の有無は問われません。
慰謝料は精神的苦痛に対する損害賠償になるため、一般的には誹謗中傷で慰謝料の請求ができます。
しかし、誹謗中傷の内容で損害賠償が発生するのかは、弁護士に確認する方がいいでしょう。
慰謝料の金額は、誹謗中傷の内容や書き込みの頻度によって異なります。
慰謝料の交渉も弁護士に任せるため、本人の手間や負担は少ないです。

裁判ができる

弁護士に相談をしていれば、裁判ができます。
万が一、相手が削除に応じてくれない場合、裁判などで解決できることはメリットでしょう。
侮辱罪や名誉毀損罪の場合は、刑事裁判を行います。
慰謝料請求やプライバシーの侵害に対する話し合いは民事裁判です。
民事裁判の場合、被害者自身で裁判を起こす本人訴訟もできます。
しかし、手続きに時間がかかり、法的な主張をするのも難しいでしょう。
よって、判決内容に納得できない場合があります。
裁判を弁護士に依頼していると、しっかりと調べて主張もしてくれるのです。
「仮処分」の申立をすれば、強制的に誹謗中傷内容を消せます。

弁護士以外に誹謗中傷の相談するデメリット

誹謗中傷の相談を弁護士以外にする場合、どのようなデメリットがあるのでしょうか。
警察が罪と判断しなかった場合は捜査してもらえない可能性があります。
また、誹謗中傷対策業者の場合、完全に記事を消せるとは限りません。
これから、その詳細についてご説明します。

警察の場合

誹謗中傷を警察に相談した場合、その内容が罪になるのかを判断してくれます。
具体的には、名誉毀損罪や業務妨害罪などです。
警察の場合、誹謗中傷の内容が罪に問えない場合、捜査をしない可能性があります。
捜査をしてくれれば犯人を特定して逮捕になりますが、捜査してもらえないと何にも解決できないのです。
犯人の特定ができず、書き込みの削除請求もできないため、そのまま誹謗中傷の内容が残ってしまうでしょう。
警察に相談した時の説明や書類を提出する手間だけがかかります。

誹謗中傷の対策業者の場合

誹謗中傷対策業者は、主に逆SEO対策をして、検索順位を下げる方法を用います。
他の人が検索をしても見つかりにくくなりますが、誹謗中傷の内容が消せるわけではありません。
書き込まれた内容はそのまま残ってしまうため、根本的な解決にならないのがデメリットです。
内容がそのまま残っていると、他の人によって拡散され、さらに被害が増える可能性もあります。
多くの人が誹謗中傷に関わり、犯人が特定しづらくなるのです。
また、誹謗中傷対策業者は、弁護士のように個人情報の開示を依頼できません。
つまり、プロバイダから犯人を特定することは難しいのです。

誹謗中傷の内容を的確に伝える!弁護士相談で必要なものとは?

弁護士に誹謗中傷の相談をする時は、内容を的確に伝えることが大切です。
よって、書き込まれた内容のコピーなどを用意するといいでしょう。
これから、弁護士に相談する時に必要なものをご紹介しますので、参考にしてください。

証拠

弁護士に相談する時は、証拠品を持っていくようにしましょう。
証拠がないと、誹謗中傷の内容が真実か分からず、弁護士も対応に困ってしまいます。
証拠品があれば話を進められますが、内容が明確にならないと相談が次回に持ち越される可能性もあるでしょう。
具体的には、誹謗中傷が書かれた掲示板やブログのURLをひかえていきます。
書き込みが書かれたページのコピーがあると、分かりやすいでしょう。
証拠隠滅をされる場合もあるため、書き込みを見つけた時にスクリーンショットなどで撮影しておくのが望ましいです。
誹謗中傷があった期日も分かるようにしておきます。
犯人とメッセージをしている場合、内容を残しておくことが必要です。

契約に必要な書類や持ち物

相談や契約をする時は、本人確認ができるものを持参します。
例えば、運転免許証やマイナンバーカードなどです。
契約をする時は委任状や委任契約書を記載するため、認印も必要になります。
相談をするのが法人の場合は、社印を用意しましょう。
実印でなくても構いませんが、シャチハタは契約書に使用できません。

経緯をまとめたメモ

相談するまでの経緯をまとめたメモや書類も用意しましょう。
弁護士への相談時間は、1回30分や1時間など、時間と料金が決まっています。
限られた時間で説明するため、あらかじめ経緯を文章や図で示していくといいのです。
質問したい内容があれば、メモに書いておくだけでスムーズに相談できます。
個人的なメッセージで削除請求をした場合、削除申請をした回数や断られた回数・その時のメッセージも証拠になるでしょう。
メッセージの内容によっては、慰謝料を請求できる場合もあるので、全てを記録し弁護士に提出することが大切です。

気になる費用!誹謗中傷で弁護士に相談したらいくらかかるの?

誹謗中傷の相談を弁護士にする時、どのぐらいの費用がかかるのでしょうか。
あらかじめ費用の知識があると、安心して相談ができます。
これから、相談費用やその他にかかるものについて、費用の目安などをご紹介します。

関連記事:ネット誹謗中傷に強いIT弁護士の相談費用の相場はどれくらい?

法律相談費用

弁護士への相談費用は、法律事務所ごとに異なります。
一般的には、1回につき5000円~1万円ぐらいの費用がかかるでしょう。
法律事務所によっては、初回を無料にしているところもあります。
法人で顧問弁護士がいる場合は、相談だけの時は顧問料だけで収まるでしょう。
法人の顧問料は毎月1万円~5万円ぐらいになります。

削除請求費用

裁判外や任意交渉で削除請求をする場合、削除請求費用がかかります。
弁護士には、着手金と報酬金を支払うことになるでしょう。
着手金とは、その問題の解決を依頼するための費用なので、成功の有無は問われません。
報酬金は解決した時に支払う場合が多いです。
一般的には、着手金と報酬金で約5万円が目安になります。
裁判や仮処分をする時は、それぞれ10万円からになるため、20万円以上が必要です。
法人で顧問弁護士がいる場合、費用は弁護士と相談しましょう。

発信者情報開示請求費用

情報の開示で書き込んだ人を特定する場合、発信者情報開示請求費用が必要です。
裁判外や任意交渉の場合、着手金と報酬金がそれぞれ5万円からになります。
訴訟の場合、着手金20万円からで報酬金は10万円からが多いです。
法人で顧問弁護士がいる場合は、相談して費用を決めます。

損害賠償請求費用

損害賠償請求をする時には、損害賠償請求費用を用意します。
裁判外や任意交渉の場合、着手金は10万円からで報酬金は成果額の10%からが一般的です。
訴訟の場合、着手金は20万円からで報酬金は成果額の10%からになります。
顧問弁護士がいる場合の費用は、要相談です。

関連記事:日常的に第三者から受けたネット誹謗中傷の慰謝料相場は?

仮処分申立費用

仮処分を申立する場合は、仮処分申立費用がかかります。
仮処分とは、判決まで待つと被害者に不利益がでるため、権利保全を目的に暫定的措置をとることです。
誹謗中傷の書き込みの場合、強制的に書き込みを削除できます。
仮処分申立費用の目安は、着手金と報酬金それぞれ20万円からです。
顧問弁護士がいる場合は、費用の相談をします。

誹謗中傷の相談は弁護士に相談するなどの対策を

誹謗中傷を受けた時に相談できるところは、弁護士や警察・業者などさまざまです。
被害を最小限にするためには、弁護士に依頼するといいでしょう。
弁護士なら、誹謗中傷した人を特定し、削除請求ができます。
また、万が一削除してもらえない場合も、話し合いや訴訟などで問題を解決してくれるのです。
誹謗中傷は個人だけでなく法人の経営にも影響を及ぼすため、早めの対処が必要になります。
これを参考に、誹謗中傷を見つけたら、弁護士に相談しましょう。

問い合わせ

お問い合わせ

入力内容をご確認ください

お問い合わせありがとうございます

法人名
お名前
お電話番号
メールアドレス
折り返し可能時間帯
ご相談内容詳細
対象サイトURL
相談内容詳細

プライバシーポリシー

弁護士法人ジェネシスが運営する全てのウェブサイト(以下当ウェブサイト)では、お客さまからご提供していただいた個人情報を尊重し、プライバシーの保護に努めております。

ここでは、お客さまの個人情報の取り扱いについて当社の方針をご説明します。 以下方針をご理解の上、当ウェブサイトをご利用ください。

1. 個人情報の考え方について
個人情報とは、以下の情報により特定の個人として識別できる、照合できるものをいいます。

お名前、生年月日、性別、ご職業、お電話番号、ご住所、メールアドレスまた、この情報のみでは識別できないが、他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別できるものを含みます。

2. 個人情報の収集について
当サイトを通じてお客様より個人情報を収集する場合には、予めその目的を明示し、その必要な限度においてこれを行います。

又、個人情報を提供するか否かはお客様のご判断で行うことが可能です。 その際に弁護士法人ジェネシスが提供する様々なサービス、特典等が提供できない場合がございます。

3. 利用目的について
個人情報の利用は、原則として同意を得た範囲内で行ないます。

また収集目的以外の利用は、弁護士法人ジェネシスの営業上、最低限必要な範囲内でのみ利用させていただきます。

4. 個人情報の管理について
個人情報の管理体制についてお客様の個人情報は、第三者がアクセスできない安全な環境下で管理しています。データの破壊、改ざん、漏洩等が起こらないように体制を整えております。

5. 個人情報の開示について
取得した個人情報は下記の場合を除き、本人の同意を得ることなく第三者に提供・開示しません。

個人情報の開示についてお客様から同意をいただいた場合

お客様個人が識別できない状態で開示する場合

関連子会社等に必要な限度において個人情報を開示する場合

(この場合、機密保持契約を取り交わすなどの措置を講じます )

法律にもとづき必要と判断される場合

お客様が第三者に不利益を及ぼすと当事務所が判断した場合

お客様、または、公共の利益のために必要であると考えられる場合

6. 個人情報の照会・訂正・削除について
個人情報の照会・訂正・削除についてお客様からご提供いただいた個人情報に関して、照会、訂正、削除を要望される場合は、お問合せ対応窓口にご請求下さい。個人情報漏洩防止の観点から、当該ご請求がお客様ご本人によるものであることが確認できた場合に限り、合理的な期間内に、お客様の個人情報を開示、訂正、削除いたします。

7. アクセスログについて
アクセスログについて当サイトでは、アクセスログ解析により、アクセスされたお客様のドメイン名、IPアドレス、ブラウザ種類、アクセス地域、アクセス日時等を集積し、統計分析等を行なっております。この解析は当サイトの運営上の指針とさせていただくとともに、それ以外の目的での一切の使用は行ないません。又、その解析データにつきましても個人情報と同様に厳重な情報管理を行なっております。

8. 免責事項について
免責事項について当事務所のWebサイトで提供する各種情報の正確性につきましては万全を期しておりますが、不正確な記載や誤植を含む場合があります。各種情報は、予告なしに変更または更新される場合がありますが、これらの変更・更新により生じた損害に関しては、当事務所はいかなる保証も行ないません。

9. 著作権について
著作権について当サイト内に掲載されている文字・画像等のコンテンツの著作権は弁護士法人ジェネシスにあります。

著作権とは、表現者が表現した物(著作物)に対して持つ権利のことで、当事務所の作成した写真、画像、文章、レイアウト等すべてにこの権利が発生します。

私的使用その他法律によって明示的に認められる範囲を超えて、これらの情報を使用(複製、改変、アップロード、掲示、送信、頒布、ライセンス、販売、出版等を含む)をすることは、事前に当事務所による許諾がないかぎり、禁止します。

弁護士法人ジェネシスでは、オンライン広告(Google AdWords)のリマーケティング機能を利用しています。

Googleを含む第三者配信事業者により、インターネット上の様々なサイトにて当サイトの広告が掲載されています。

Googleを含む第三者配信事業者はCookieを使用して、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信しています。

お客様はGoogle広告のオプトアウトページにアクセスして、GoogleによるCookieの使用を無効にできます。また、Network Advertising Initiativeのオプトアウトページにアクセスして、第三者配信事業者によるCookieの使用を無効にできます。

リマーケティング機能については「Google AdWords リマーケティングの仕組み」をご覧ください。

広告のプライバシーについては「Google AdWords 広告のプライバシーに関するよくある質問」をご覧ください

【個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ】

会社名:弁護士法人ジェネシス

住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-14-7 VORT末広町7階

電話:03-5817-4592